996Turbo HPE       +964 Speedster       +Audi S8           +Range Rover       = 28気筒&排気量16.0Lと過ごすエコカーライフ
by uj996
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ:クルマ( 9 )
S.I.S. 2007 Part 2 (屋外編)
屋外会場に出てまず向かったのは、いつもお世話になっているAudi S-carsの展示ブースでした。

f0127081_13515228.jpg

今年は5台展示されていました。

f0127081_18225736.jpg

その中でもっとも目を引いたのは、uruさんのRS4アバント。
ホワイトラインとブラックアウトされたフロントグリルが非常にレーシーな雰囲気をかもし出しています。

さらに今回は札幌からお出でのS-cars総裁mfdent氏にも久しぶりにお会いすることができました。

f0127081_13523777.jpg

こちらロールス&ベントレークラブのブースには、憧れのコンチネンタルTが展示されていました。

f0127081_13525458.jpg

コンチネンタルTは1997年から2003年までに322台が生産され、
ディーラー物コンチネンタルTは国内にわずか39台のみしか存在しない非常に貴重なお車です。

リアフェンダーも張り出しがコンチネンタルRとの大きな違いです。
クルマ趣味の極みのクルマですね。

f0127081_13531274.jpg

こちらはいつもTreasure Huntingで御世話になっている、ロペライオさんのブース。
LP640とSLRが気軽に展示販売されているなんて、驚きです。。

f0127081_135329100.jpg

そして今回のSISでもっとも楽しみしていたのは、こちらPorsche Speedster Club of Japanのブースでした。
憧れのSpeedsterが3台展示されていました。

f0127081_13543173.jpg

非常に美しいグランプリホワイトの個体のオーナー様にいろいろとお話を伺うことができ、ますますSpeedsterへの想いが募りました。
オーナー様、ありがとうございましした。

f0127081_13544610.jpg

こちらはシュトロゼックSpeedster。。

f0127081_1355045.jpg

大迫力のリアウィング。。

f0127081_18254512.jpg

美しいルビーストーンレッドのシュトロゼックSpeedsterは超有名なお車です。
実車を間近で拝見することができ、感激でした。

f0127081_18262328.jpg

リアフェンダーのグラマラスなライン・・・堪りません。
カーボン製ルーフがカッコイイ。。。

f0127081_13555231.jpg

いつかSpeedsterで風を感じて走ってみたい・・・
そんな夢を追いかけて、Treasure huntingは日々継続中です。。



後日、来年からSISはいよいよ幕張メッセで開催されるとの情報を得ました。
来年もますます楽しみです。。
[PR]
by uj996 | 2007-05-21 00:10 | クルマ
S.I.S. 2007 Part 1 (屋内編)
遅ればせながらSIS2007のレポートを・・・

f0127081_2315159.jpg

新旧オレンジポルシェ・・カッコイイ

f0127081_2321033.jpg

なんとガルウィング仕様。。
そしてオレンジ&ブラックホイールはかなり迫力あります。。

f0127081_2323272.jpg

存在感抜群のリアタイヤ。

f0127081_2332249.jpg

巨大なリアウィングを装着した964Turbo。
飛びそうです。。。

自衛隊仕様のボディカラーが渋いですねー。。

f0127081_2333980.jpg

室内はまさにジャングルジム。。

f0127081_235867.jpg

雑誌ゲンロクのLong Term Report車両はiS.MEのブースに展示されていました。

f0127081_2352665.jpg

キャンキャンレッド??というスペシャルカラーのレザーインテリアはポルシェらしからぬ豪華で派手な雰囲気を醸し出していました。

お値段は、何と238万3000円也・・・これは高いのか、安いのか???

f0127081_236588.jpg

Techart 997 Turbo。
真っ白け・・・

f0127081_2362235.jpg

Techart Boxster。
フェンダーラインが特徴的です。

f0127081_237236.jpg

ROBERUTAブースには、リフターシステム付のカレラGTが展示されていました。

使用前・・

f0127081_239121.jpg

使用後。。

お値段は、カレラGT用の場合86万1000円也。
車高もお値段もちょっと高めです。。

f0127081_23954100.jpg

緑茶カラーのデモカー達。。

本家ランボ以外にもガルウィングのクルマがあちこちで目に付きました。

f0127081_23122635.jpg

このアメ車もガルウィングだらけです。

f0127081_23124272.jpg

スワロフスキーベンツ。
その数なんと30万個、お値段3000万円。。

このクルマの製作には社員20人が手作業でひとつひとつ貼っていき、3カ月もかかったそうです・・・暇な会社です。。

f0127081_23132091.jpg

アミアミが素敵です。

Part 2へ続く・・・
[PR]
by uj996 | 2007-05-19 00:09 | クルマ
日々修行
f0127081_1425712.jpg

修行の日々・・・
いつでも食べる前に撮るが基本です。

移動中もいつ何時被写体が現れるかもしれないので、十分に注意を払う必要があります。

f0127081_14252786.jpg

某所で胡麻団子を食した帰り道、前方に明らかに目立つカモフラージュが施されたさえないセダン発見。

早速、撮影訓練開始。。

f0127081_14253849.jpg

リアのランプは黒いテープで激しくマスキング。。
トランクリッド中央部には何やら丸いエンブレム。

f0127081_14255341.jpg

フロントもグリルの丸いエンブレムがマスキングされ、ライトも光源部分のみくりぬかれた間抜けなスタイル。

某ドイツ製新型小型セダンと思われるこの車に全く興味は沸きませんでしたが、
運転席と助手席に座るイマイチさえない欧米人男女のお二人の関係に興味が沸きました。。

f0127081_14261272.jpg

近所の桜公園は、そろそろ見ごろです。
[PR]
by uj996 | 2007-04-06 14:26 | クルマ
トライアル終了
結局、3泊4日計500kmのBMW体験でした。
感想は・・・やっぱりS8は素晴らしい。。    以上。

このような貴重な機会を与えて下さったBMW JAPANさまに感謝申し上げます。
ありがとうございました。。


f0127081_1456912.jpg

750を返却に伺ったディーラーで、こんな美しい色のクルマと遭遇・・

未体験ゾーンなこの名車・・・こちらのトライアルを激しく希望!!
[PR]
by uj996 | 2007-03-07 15:00 | クルマ
BMW 750i
f0127081_1501828.jpg

春・・・出会いの季節。。
初めてのBMW。。

f0127081_1503017.jpg

クルマを受け取って、まずは総本山で記念撮影。

“駆け抜ける喜び”を確かめるべく、早速高速に乗り向かった先は・・・

f0127081_15053100.jpg

もちろん調査です。。

f0127081_1504180.jpg

実は2月末の調査員諸氏のBlogで、ウナギの焼き具合に難ありのレポートを拝見し、現況を確かめるための調査でもありました。。

3月第1回目となる今回の調査時、問題の焼き具合は元通り見事に修正済みでした。。

少しの焼き具合の狂いも命取りになるこの世界・・・
繊細かつ敏感な味覚を持つ調査員諸氏の地道な活動のお陰で、300年の伝統は守られました。。

ありがとう、調査員の皆様!!(By ウナショップ山田 スタッフ一同)


f0127081_151464.jpg

幕張に戻ると美しい夕日が・・・速攻でいつもの撮影訓練地域へ出動。。

f0127081_151151.jpg

個人的にはマイナー前の顔、後姿のほうがクセがあって好きです。

f0127081_1512873.jpg

Audiとは異なった色合いのメーターランプ。
CoolなBMWの雰囲気には似合わないような気もしますが、これはこれで心が温まります。









以上、BMW 3Days トライアルキャンペーン 初日のレポートでした。
[PR]
by uj996 | 2007-03-02 19:37 | クルマ
Airstream Part2

f0127081_13452557.jpg
Airstreamの魅力は、まず第一にアルミボディーの美しさですが、
そのDetailにまでおよぶ拘りのデザインも大きな魅力の一つです。。

f0127081_13313869.jpg

こんなクラシカルなウィンカーや、

f0127081_13321379.jpg

かわいい車幅灯、

f0127081_13325496.jpg

換気用のアミ、

f0127081_1346383.jpg

エンブレム。。

f0127081_13464115.jpg

そして室内も・・・こんな照明や、

f0127081_13473034.jpg

ウィンドウの枠まで素敵でした。

f0127081_13494667.jpg

Airstreamが米国の雄であるならば、欧州の雄はこちら・・HYMER!!
こちらはBenzベースの自走式です。

f0127081_1352393.jpg

車内は、さすがドイツ車。。
派手さはありませんが、非常にしっかりとした造りです。

f0127081_13535350.jpg

思ったほど広くありませんが、HYMERの自走式の中ではこれでも小さめだとの事・・・

ちなみにお値段何と1800マンオーバー・・・某県の田舎なら、結構な家が建ちます。
[PR]
by uj996 | 2007-02-16 14:02 | クルマ
Airstream
f0127081_1562043.jpg

連休中幕張メッセで開催されたキャンピング&RVショーへ行ってきました。

f0127081_1225350.jpg

お目当てはこちらのAirstream。。

以前北海道に住んでいた頃、小さなトレーラーを牽引し道内をあちこち走って回りました。
当時の記録はこちら・・・

その後昔からの憧れだったAirstreamの購入を真剣に考え出しました
牽引免許も取得し、ほとんど発注しかけましたが、
希望車両の輸入時期とのタイミングが合わず、残念ながら購入には至りませんでした。

今回久しぶりにNewモデルを拝見し、またまたエアスト病再発かも・・・

f0127081_14491372.jpg

こちらのモデルは、アメリカンスタイルのインテリアが人気のSAFARI 25Ft。
Airstreamとしては珍しい、リアエントリータイプでした。

f0127081_14525554.jpg

エントランスから前方を眺めるの図。。
キッチンの前方両側にシャワーとトイレがあります。

f0127081_14535955.jpg

進行方向最前方部分がベッドルーム。
巨大なベッドでした。
壁も天井もアルミ・・・堪りません。。

f0127081_14555755.jpg

シャワールーム前から後方を眺めるの図。

フロント、リア共にパノラマウィンドウで、すばらしい眺めでした。
インテリアは、トラディショナルなアメリカンテイスト・・いかにもエアストらしい雰囲気です。

f0127081_15795.jpg

個人的に最も気になるのは、こちらInternational CCD 25Ft。
全長7900mmX全幅2440mmX全高2870mm、車両重量2367kg。
ヒッチ加重は2トン近くあるため、レンジの純正Tow barは使用不可との事・・・恐るべしエアスト。。

f0127081_1262047.jpg

Internationalシリーズは数年前に追加された新しいシリーズで、革新的なインテリア・デザインが特徴です。
今回の展示車両は、インテリアが特別な限定車でした。

f0127081_1411045.jpg

車体前方から後方を眺めるの図。
写真左にエントランスが見えます。
キッチンの奥がベッドルーム、キッチンの向かいはテープルと小さめのソファーを配したダイネットスペースです。

f0127081_1452710.jpg

シンクとレンジ。。
アルミ地の壁がカッコいいんです。

f0127081_1464657.jpg

右がトイレ&シャワールーム、左がベッドルームです。
ベッドは一応2段ベッドでした。

f0127081_1491547.jpg

トイレ&シャワールームはこんな感じ・・・
何とか実用に足るサイズです。

f0127081_1513475.jpg

キッチン部分から車体前方を眺めるの図。
最前部には大きなソファーがあります。

f0127081_1575757.jpg

車内上部には、バンブーをイメージしたこんな物入れが・・・
内部にはライトが装備され間接照明にもなるんです。

f0127081_1594440.jpg

棚の取っ手もネオジャパネスクでした。

f0127081_220515.jpg

ちなみにお値段は・・・
車両本体+Tax+トラクターの改造費(レンジの場合、ワンオフのヒッチ+オイルクーラー等)=約NewS8でした。

どちらもアルミフェチには堪らないクルマ・・・心地よい迷い。。
[PR]
by uj996 | 2007-02-14 02:31 | クルマ
東京オートサロン Part 2
オートサロンと言えば・・・各種キワモノが欠かせません。

f0127081_13474658.jpg

イルミネーション+モニター満載のディアブロ。

f0127081_13491840.jpg

ススキノの場末のスナック風ネオンが目にしみます。

f0127081_13504150.jpg

サイドガラスに埋め込まれたモニターではインリン様がM字開脚中・・・
隣のファイティングブルが泣いていました。。

f0127081_13524769.jpg

登場間もないNew CL。

f0127081_13533512.jpg

エンブレムはお約束のスワロフスキーまみれ・・・中東仕様??

f0127081_1431551.jpg

どこかのコンセプトカー。
元はBMWの6らしいのですが・・・凄まじいデザインです。。

f0127081_145885.jpg

中央にシートのフレームらしきものが見えます。
これは、果たしてクルマなのか??
いずれにせよ、体に悪そうな車です。

f0127081_1461973.jpg

このクルマ、前から見ると汚いセドリック・・

f0127081_1465420.jpg

後ろから見ると汚いクラウン!!
後は(トランクなので)ボンネットが微妙に短いとは、芸が細かいですね。

一粒で2度美味しいクルマ・・・笑いました。。

f0127081_14838100.jpg

NARDIのNewデザインステアリング。
これかなりカッコいいです。
が、ホーンボタンを押すのが大変かも・・・

f0127081_1410239.jpg

ホイールもいよいよ大変なことになってしまいました。
何と・・30インチ。。。
数年前24インチのホイールを見て驚いた日が懐かしくなります。。
http://www.ne.jp/asahi/range/rover/diary2005/20050116autosalon2.htm

f0127081_141817.jpg

サイズ比較 ホイール>>子供
子供ならホイールの裏側に入って掃除できそうです。
ある意味、便利かも・・

Part 3へ続く・・
[PR]
by uj996 | 2007-01-17 01:47 | クルマ
東京オートサロン Part 1
f0127081_20231010.jpg

年明けの風物詩、東京オートサロンに今年も行ってきました。

年々輸入車が少なくなってきていますが、その中で気になった車を何台か・・・

f0127081_20242737.jpg

RINSPEEDのQ7以外にAudiはほとんど見かけませんでした。
それにしても、Q7はデカイ。。

f0127081_20244145.jpg

お約束のカールソン。。
オリックスの清原選手からのお祝いの花が泣かせますが、クルマにはまったく興味が沸きません。

f0127081_20245742.jpg

毎年楽しみにしているインテリアチューンの老舗iS.MEさんのブースでは、このちょっと古めのGが気になりました。
いい色です。。

f0127081_20251257.jpg

内装はホワイトとワインレッドのツートン。
ブラック内装に見慣れたGがこのような明るいカラーになるとずいぶん垢抜けて見えます。

f0127081_20253165.jpg

リアシートも、荷台のサードシートも同色でした。
さらにワインレッドのアルカンタラルーフまで含めてお値段は70万程度とのこと。
なかなかお値打ちかも・・です。。

f0127081_20255771.jpg

ムルシエラゴの全日本GT選手権参戦車両。

f0127081_2026135.jpg

驚きのカーボンむき出しボディーですが、市販車のカーボンのように観賞に値する美しさは??

f0127081_20264511.jpg

BBSのブースには、早くもGT3!!と驚きましたが、

f0127081_20265935.jpg

よく見ると昨年も展示されていたゲンロクのLong term test carのフルエアロ仕様カレラでした。
それにしても素のカレラをここまでやっちゃうとは・・・

f0127081_2027157.jpg

こちらは本物の997ターボ。
ホワイトボディーがカッコいいー。。

f0127081_20272990.jpg

カーボンリップが似合ってました。

f0127081_20274395.jpg

エンジンルームもカーボンパーツを装着し見栄えのあるものに変わっていました。
無骨な996とは雲泥の差です。

f0127081_2028037.jpg

某タイヤメーカーのGT3。
それにしてもこのリアWing・・巨大です。
少し手を加えれば、間違いなくアクアで離陸しそうです。。

f0127081_20281379.jpg

S8の磨きで大変お世話になったドンテックさんも、大きなブースで磨きの実演をなさっていました。


f0127081_20283051.jpg

そして、某タイヤメーカーのブースでは近藤真彦氏のトークショーが行われていました。
たのきんトリオのマッチも老けたなー。。。

Part 2へ続く・・
[PR]
by uj996 | 2007-01-16 01:45 | クルマ